システム導入ノウハウ

クラウド製品やシステム開発に関する導入事例をご紹介しています。

QRコード打刻機能のご紹介


先日、i勤怠7をリリースいたしました。
今回はQRコード打刻機能の使い方について取り上げていきます。
よろしくお願いいたします。

QRコード打刻機能とは

i勤怠は通常のボタン打刻以外にQRコードでの打刻が可能です。
管理者側がQRコードを表示し使用している人がそれを読み取ることで、打刻ができます。

QRコードの権限付与

QRコード機能を使うには、PCのほうで社員情報画面に行きます。
そこからQRコード打刻の欄にチェックを入れて保存することで、QRコードの生成ができるようになります。

QRコードの生成

権限が付与された社員は、アプリ版で一度マスタデータの更新を行います。
設定→マスタデータの更新をタップで更新できます。

 

マスタデータの更新が完了すると、設定画面にQRコードの生成が追加されます。
タップするとQRコードが表示されます。

 

QRコードの読み取り付与

続いては、読み取る側に読み取りの機能を付与します。
PCのほうで社員情報画面に行きます。
そこからQRコード打刻の欄にチェックを入れて保存することで、QRコードの生成ができるようになります。

 

QRコードの読み取り

生成の時と同じように付与された社員は、アプリ版で一度マスタデータの更新を行います。
設定→マスタデータの更新をタップで更新できます。

マスタデータの更新が完了すると、打刻画面ににQRコードの読み取りが追加されます。
タップするとQRコードの読み取りが起動します。

読み取り機能でQRコードを読み取ることで、打刻が完了となります。

いかがでしたでしょうか。
打刻のやり方はボタンやQRコードなど、様々なやり方がございます。
現場ごとに使い分けてみると、効率が上がるかもしれません。

UIが変わった新しいi勤怠をリリースしています。
以前のデータを引き継ぎ、ダウンロードしえログインするだけですぐに使えます。
下記URLよりアプリストアへ進めますので、是非試してみてください。

i勤怠7ストアページ