• IT助成金利用
  • 無料デモ紹介ZOOM等オンラインでのご相談も可能です
  • お問い合わせ

【SaaSForce】Grid列の非表示

本記事は、Grid列の非表示について説明します。

 

1.非表示にする項目の列数を確認

以下、操作方法になります。

開発画面メニューから「画面レイアウト」>〔編集〕

 

Gridでは左から1,2.3…といった順番で各列に列数が与えられています。

非表示にしたい列の列数を確認しましょう。

 

2.動作処理の関数を変更して非表示

以下、操作方法になります。

開発画面メニューから「画面項目定義」>〔概要定義〕>「画面コントロール」>〔動作処理〕>「pageAfterload」というイベント関数の〔編集〕

Grid列の非表示は、下記のメソッドで実装することができます。

クライアントの場合:

「 $(‘.datagrid th:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();

$(‘.datagrid td:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();

$(‘.datagrid col:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();」

サーバの場合:

「ActStr += “$(‘.datagrid th:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();”;

ActStr += “$(‘.datagrid td:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();”;

ActStr += “$(‘.datagrid col:nth-child(非表示にしたい列数)’).hide();”;」

 

3.関数を実装

関数編集画面の〔保存〕で関数を保存します。

開発画面メニューから「画面項目定義」>〔概要定義〕>「画面コントロール」>〔動作処理〕

上記の画面で変更した関数が選択されていることを確認して〔保存〕ボタンで保存し、関数を更新します。