【ワンダーロボ】リンク設計~リンク設計シートでの開発方法~

本記事では、ワンダーロボ設計書のリンク設計シートでの開発方法について説明します。

リンク設計シートは2パターンあります。

 

画面詳細設計シートでの開発方法は下記のリンクからご参照ください。

https://www.saasforce.co.jp/wonder_robot/%e3%80%90%e3%83%af%e3%83%b3%e3%83%80%e3%83%bc%e3%83%ad%e3%83%9c%e3%80%91%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e8%a8%ad%e8%a8%88/

 

 

設定方法は一覧表をご参照ください。以下手順になります。

 

【①画面から画面に遷移する場合のリンク設計】

 

step1.対象のセルに罫線を引いて、値に下線を引きます。

 

 

step2.リンク設計シートを作成。

 

 

【②メニューバーから画面に遷移する場合のリンク設計】

※リンク設計シートのみで作成可能です。

 

※シート名や入力するセルの位置が異なると正しくインポートされません。

※上記二つの設計方法の違いとして、フォルダ名や遷移元・遷移先リンク項目の記述方法が異なる点です。

基本、それ以外の設定は大きく異なりません。

 

■一覧表

入力位置 入力する項目 説明
H1 リンク名 リンク名を定義します。メニューバーへのリンク設定の場合は、この名前がメニュー名として反映されます。
H2 フォルダ名 【メニューバーから画面に遷移の場合】

設計するリンク機能の格納フォルダを指定します。

 

【画面から画面に遷移する場合】

リンク機能を画面項目として開発する対象の画面名と

画面項目名(リンク機能)を指定します。

記述方法:画面「画面名.リンク機能の画面項目名」

J7 利用範囲 共通利用、個別画面利用の中から選択して入力してください。
J8 ターゲット 遷移先のウィンドウの表示方法を指定します。

新規のウインドウに表示、現在のフレームに表示の名から

選択して入力してください。

J9 リンク先区分 リンク先の画面区分を下記の種類から指定します。

外部URL、内部画面、モバイル画面

J10 送信方法 Post、Getの中から選択して入力してください。
J11 遷移元リンク 【メニューバーから画面に遷移の場合】

記述方法:メニュー

 

【画面から画面に遷移する場合】

記述方法:管理ID_画面名 (例) T002_店舗情報インポート

J12 遷移先リンク 遷移先の画面の情報を下記のように記述します。

管理ID_画面名 (例)T001_売上情報登録

J13 遷移先画面区分 検索、新規、更新の中から選択して入力してください。

※遷移元にメニューを選択している場合、更新にすると

ユーザー画面で正常に動作しません。

E16 パラメータID 遷移先画面の項目IDもしくは、項目名を入力してください。

(繰り返し設定できます)

K16 パラメータ区分 入力値

セッション値

画面項目

上記のいずれかを入力してください。(繰り返し設定できます)

P16 パラメータ値 入力値:固定値。

画面項目:パラメータを渡す画面項目名を指定 。

セッション値:システムのセッション値を指定。

(例)USER_IDなど(繰り返し設定できます)