【ワンダーロボ】帳票設計~印刷ボタン及び印刷機能設定方法~

この記事では、印刷ボタン及び印刷機能の設定方法について説明します。特別な関数を用いずに帳票設計を行うことができます。
関数での帳票設計については別記事の帳票設計~関数印刷…の記事をご参照ください。

それでは、設定方法について説明します。

 

【設定方法】

1.画面設計にて、対象セルの準拠線にborder>7,8,9,10を設定します。

 

2.セルの値に「印刷」または任意のボタン名を設定します。

3.画面詳細設計シートで設定します。

詳細は記述例と説明をご確認ください。

4.別シート「帳票設計_帳票テンプレート名」Excel帳票テンプレート、またはPDF帳票テンプレートを作成します。

シート名は、「帳票設計_〇〇」は必須設定です。

帳票のフォーマットについては任意で大丈夫です。帳票の仕様にもとづいて作成してください。

<<帳票に対象データを印字させる方法>>
印刷機能では、印字させるデータの指定は「帳票設計」で行います。

記述するポイントとして

①データ印字対象セルに[テーブル名.フィールド名]と記述します

②列に繰り返しデータを印字させる場合、@contentを記述します。[テーブル名.フィールド名@content]となります。

 

帳票テンプレート例

 

 

 

 

以下は、画面詳細設計に記述する例です。

画面詳細設計の記述例:

【PDF印刷の場合】

「印刷」
セル:B4
設計書:証券番号移動履歴
印刷タイプ:PDF

 

【Excel印刷の場合】

「印刷」
セル:B7
設計書:証券番号移動履歴
印刷タイプ:Excel

 

説明:

B4、B7:印刷ボタンのセル位置
対象の画面設計シート内で設定した印刷ボタンのセル位置を指定します。

証券番号移動履歴:印刷しようとする帳票テンプレート名
テンプレートとして作成した帳票設計の帳票名を指定します。

印刷タイプ:Excel 又は PDF
Excel帳票又は、PDF帳票を指定します。

 

ちなみにポイント!

※1 つの印刷ボタンに対し、複数帳票明細は設定不可能です。

しかし 1 つの印刷ボタンに対し、関数で複数帳票明細を設定することは可能です。

関数で複数帳票明細の設定を行う際は、グリッドの行番号を固定する必要があります。

例)
下図の場合、帳票 1 のデータが増えるたびに、帳票 2 の行番号がずれる事が想定できます。

グリッドの行番号を固定する為、

下図のように、帳票 1 のデータの出力場所を確保し、帳票 2 の行番号を固定する必要があります。

 

この操作で、印刷ボタンが設定されます。

ユーザーは、印刷ボタンをクリックすることで、画面を印刷することができます。