• IT助成金利用
  • 無料デモ紹介ZOOM等オンラインでのご相談も可能です
  • お問い合わせ

【ワンダーロボ】関数設計~スキップの判定処理~

本記事は、関数設計のスキップ処理の設定について説明します。
スキップ処理の記述を行えば、その行の処理内容についてはコメント化されコード生成の対象ではなくなります。
補足などで設計書にコメントを記述したい時などに活用できます。

 

記述例:

「処理」(クライアント)/「項目処理」(サーバー)
「検索 1」ボタンをクリックすると、以下の処理を行う。
1.データ操作 1:テーブル「T_AA」のデータの項目「セル別 A1,A2」を取得、条件は「A1」が「国 ID」。
#2.「A2」を返す。
処理終了。

 

説明:

行の先頭に#(半角)を付けた場合、処理がスキップされます。

※#(全角)の場合、処理はスキップされませんので、ご注意ください。
※必ず行の先頭に記述してください。処理の記述の途中で#を設定したとしても正しくスキップ処理されません。

OK例

NG例