• IT助成金利用
  • 無料デモ紹介ZOOM等オンラインでのご相談も可能です
  • お問い合わせ

【ワンダーロボ】関数設計~比較判定条件~

本記事は、関数設計の基本的な判定処理、比較判定条件について説明を行います。
関数の判定条件内で比較種類を使用する際の記述例と、補足の説明を記載します。

 

記述例:

「処理」(クライアント)/「項目処理」(サーバー)
「実行」ボタンをクリックすると、以下の処理を行う。
1.「B2」を取得。
2.「A1」が空白の場合、以下の処理を行う。
1.「空白なし」メッセージを表示する。
処理終了。
2.「A1」が空白ではない場合、以下の処理を行う。
1.「空白なし」メッセージを表示する。
処理終了。
3.「A1」が”00″を含む場合、以下の処理を行う。
1.「00 ある」メッセージを表示する。
処理終了。
4.「A1」が”00″を含まない場合、以下の処理を行う。
1.「00 なし」メッセージを表示する。
処理終了。
5.「A1」が”ああ”と先頭一致の場合、以下の処理を行う。
1.「先頭」メッセージを表示する。
処理終了。
6.「A1」が”ああ”と後方一致の場合、以下の処理を行う。
1.「後ろ」メッセージを表示する。
処理終了。
7.「A1」がスペースの場合、以下の処理を行う。
1.「スペース」メッセージを表示する。
処理終了。
8.「A1」が”11″と”22″の間の場合、以下の処理を行う。
1.「11ー22」メッセージを表示する。
処理終了。
9.「A1」が”22″の場合、以下の処理を行う。
1.「22」メッセージを表示する。
処理終了。
10.「A1」が”22″ではない場合、以下の処理を行う。
1.「22 なし」メッセージを表示する。
処理終了。
11.「A1」が<B2>以上の場合、以下の処理を行う。
1.「B2↑」メッセージを表示する。
処理終了。
12.「A1」が<B2>以下の場合、以下の処理を行う。
1.「B2↓」メッセージを表示する。
処理終了。
13.「A1」が”1000″より大きい場合、以下の処理を行う。
1.「1000 より大きい」メッセージを表示する。
処理終了。
14.「A1」が”3″より小さい場合、以下の処理を行う。
1.「3 より小さい」メッセージを表示する。
処理終了。
処理終了。

 

 

説明:

文字列の比較

文字列での比較の場合、以下のように設定します。

 

「A1」が”ああ”と先頭一致の場合、以下の処理を行う。

「先頭」メッセージを表示する。

処理終了。

 

数字の比較

数字での比較の場合、以下のように設定します。

 

「B4」が 1000 より大きい場合、以下の処理を行う。

「1000 より大きい」メッセージを表示する。

処理終了。

 

以上が、文字列や数字の比較についての説明です。

 

※上記は基本的な考えに基づいての記述方法となります。数字であっても文字列であっても、日本語での設計書記述に
不備が無ければ、コードは正しく生成されますが、生成の後の起動にてエラーとなる可能性もありますのでご注意ください。

 

比較判定条件の記述一覧は以下になります。

 

※「A1」は画面項目の例として記述しています。

ワンダーロボ設計書 ソース上に生成される結果
「A1」が空白の場合
A1 == null || A1 == “”
「A1」が空白ではない場合
A1 != null && A1 != “”
「A1」が”00″を含む場合
A1.indexOf(“00”) > -1
「A1」が”00″を含まない場合
A1.indexOf(“00”) == -1
「A1」が”ああ”と先頭一致の場合
A1 != null && A1.indexOf(“ああ”) == 0
「A1」が”ああ”と後方一致の場合
A1.endsWith(“ああ”)
「A1」がスペースの場合
StringUtil.isAllSpace(A1)
「A1」が”11″と”22″の間の場合
A1 >= 11 && A1 <= 22
「A1」が”22″の場合
A1 == “22”
「A1」が”22″ではない場合
A1 != “22”
「A1」が<B2>以上の場合
A1 >= B2
「A1」が<B2>以下の場合
A1 <= B2
「A1」が”1000″より大きい場合
A1 > “1000”
「A1」が”3″より小さい場合
A1 < “3”