ワンダーロボ設計書をインポートしてみよう

1.はじめに
ワンダーロボ設計書をSaaSForceへインポートしてシステムを自動構築する方法を解説します。

 

2.手順

手順概要

①ワンダーロボ設計書の準備

②SaaSForce開発メニューよりインポート

③システム自動構築結果の確認

 

それでは早速Let’s try!!

 

1.ワンダーロボ設計書の準備

今回は画面、画面詳細、テーブル設計書を準備しました。

 

画面

 

画面詳細

 

 

テーブル

 

 

 

 

2.SaaSForce開発メニューよりインポート

システム>開発設定>システム自動構築から自動構築画面を開きます。

 

自動構築画面からオプションを選択して「システム自動構築」をクリックして設計書ファイルを選択します。

オプションの種類:何もしない/更新/削除して新規登録がありますので、状況に応じて設定します。

 

ファイルを選択すると各項目のインポート件数が表示され、全て完了すると完了ダイアログを表示します。

 

 

設計書の記述に問題がある場合、失敗ダイアログを表示します。

 

 

設計書の問題については、システム構築明細をダウンロードして確認することが出来ます。

 

システム構築明細の内容

 

 

 

3.システム自動構築結果の確認

画面

 

画面詳細

 

 

①部署の画面項目定義

 

②性別の画面項目定義

 

 

③社員IDの画面項目定義

 

 

テーブル

 

 

設計書に沿ってシステム構築されていることが確認できましたね!!

 

3.おわりに

ワンダーロボ設計書のインポート方法についてざっくりと解説しました。

今回の設計書の他、SQLビュー、Excel帳票、関数も指定のフォーマットを使うことによりインポートすることが可能です!

自動構築を活用してノーコード、ローコード開発にお役立てください。