システム導入ノウハウ

クラウド製品やシステム開発に関する導入事例をご紹介しています。

DX時代のシステム開発?ノーコード・ローコード開発!


最近では、DX(デジタルトランスフォーメーション)という言葉が一般的になってきました。

様々なデジタル化により、人々がITツールに触れることも多くなり、会議システムを利用した営業や、テレワーク勤務などが主流になりました。

そんな中、システム開発をより簡単に行うことができるツールも出てきています。
ノーコード・ローコード開発と呼ばれ、従来の開発で必要になるプログラミングを使用することなく、システム開発を行うことができます。

誰でもシステム開発ができる時代が近づいてきていますが、それぞれのツールにも特徴があり、こちらを理解した上で学ぶことが重要になってきます。

 

ノーコード(NoCode)開発とは?

ノーコード開発とは、ソースコードを記述することなく、Webサイトやアプリ開発を行うことができる開発手法になります。

プログラミングをすることなく開発することができるため、非エンジニアの方でも、システム開発を行うことができるようになります。

ノーコード開発は、プログラミングをせず、直感的な操作で開発ができることから、スピーディーな開発が可能です。

通常のプログラミングで開発を行い、数カ月かかるものが、ノーコードの場合は数週間でできることもあります。
期間がかからないため、コストを抑えて開発できます。

一方で、簡単に開発できることから、シンプルな開発に向いており、大規模システムの開発には向いておりません。

ソースコードを記述しないため、機能が限られていることが多い傾向があります。自由度に関しては、プログラミングのほうが高いと言えます。

また、プログラミングはしませんが、ツールの使い方など学習する必要はあります。

ローコード(Low-code)開発とは?

ローコード開発とは、ノーコードのようにプログラミングを全く必要としないわけではなく、プログラムを少しだけ記述する場合があります。

プログラムを追加することで、既に用意されたシンプルな機能をさらにカスタマイズすることができ、ローコードの場合はより高機能なシステムを開発することができます。

従来の開発手順を省略しながら、値段を安く・早くシステムを作成し、大規模なシステムも視野に入れることができます。

ノーコード開発のデメリットを失くすことができますが、プログラミングの経験・考え方が必要になることがあります。
プログラミングを高レベルまで上げる必要はありませんが、全く学習しないというわけにはいかなくなります。

ワンダーロボでの開発

ワンダーロボは、弊社で開発したシステム自動開発プラットフォームになります。
ローコードツールに近い形になりますが、プログラミングは必要とせず、日本語でシステムの設計を記述していく形になります。

設計書を日本語で作り、それをワンダーロボが読み取り、自動で開発いたします。
システムの設計を日本語で追加できるため、ノーコードのデメリットである、自由度の低さを失くすことができます。

そのうえで、ローコード開発ほどプログラミング知識を必要としません。
拡張性の高いシステムをプログラミングができない方でも扱うことができるようになります。

また、日本語で記述した設定をソースコードとしてダウンロードすることができます。
システムを作成し、プログラミングを用いたカスタマイズを加えたい場合、カスタマイズができます。

ダウンロード機能により、ワンダーロボを仮に使えなくなった場合でも、今後も利用することができ、リスクヘッジできます。

開発する際のインプット・アウトプット

ノーコード・ローコード・ワンダーロボで、メリット・デメリットなどの違いを紹介してきました。
それぞれで違いはありましたが、大きな違いの一つにインプットとアウトプットがあります。

インプット

ノーコード・ローコードでは、設計書を作り、設計書を元に人の手で開発を進めていきます。
一方ワンダーロボでは、設計書を作成したら、そのままAIが設計書を読み取り自動で作成いたします。

設計書を元に開発する場合、開発したシステムで、ヒューマンエラーが発生することがあります。
ワンダーロボの場合、AIの自動読み取りになるため、開発の段階でエラーがわかります。

また、AIの機能でエラーを自動で修正することもできます。

アウトプット

ノーコード・ローコードでは、最終的なアウトプットの形式がシステムになります。
ワンダーロボの場合は、コードダウンロード機能により、システム・コードのどちらかを選ぶことができます。

 

すべての人が開発できる環境作り(SDGs推進)

弊社では、すべての人がシステム開発に取り組める環境作りを目指しています。
そして、覚えたスキルを活用して雇用につながり、活躍できる場を作っていければと思っています。

ノーコード・ローコードのおかげで、システム開発は以前よりも挑戦しやすくなりました。
しかし、ノーコードでは開発できないシステムがあったり、ローコードでは学ぶのが難しい場合もあります。

ワンダーロボでは、それらのデメリットを少しでも解消し、より多くの人がシステム開発を行うことができる環境を作れるよう、支援していければと考えています。

弊社ではSDGs(持続可能な開発目標)に取り組み、持続可能な開発ができるように心がけています。
ワンダーロボを学ぶことで、すべての人々が開発に取り組めるよう、今後も活動していきます。

もしワンダーロボにご興味頂けましたら、下記よりご連絡ください。

お問い合わせはこちら