【ワンダーロボ】関数設計のクライアント側処理~表示/非表示 ・クリア ~

ワンダーロボ設計書の関数設計のクライアント側処理の表示/非表示 ・クリアについて説明を行います。
クライアント側関数処理内での画面項目の表示/非表示や、検索機能に対してや画面項目値のクリアをクライアント関数内で設定し活用することができます。

 

目次

1.表示/非表示の場合
2.クリアの場合

 

1.表示/非表示の場合

 

記述例:表示

「処理」
「表示」ボタンをクリックすると、以下の処理を行う。
1.Grid「D12」を表示にする。
処理終了。

※対象項目を記述し、文末に「を表示にする」or「を表示。」の記述でOKです。

 

記述例:非表示

「処理」
「非表示」ボタンをクリックすると、以下の処理を行う。
1.Grid「D12」を非表示にする。
処理終了。

※対象項目を記述し、文末に「を非表示にする」or「を非表示。」の記述でOKです。

 

 

2.クリアの場合

※Grid項目が対象となります。

記述例:

「処理」
「クリア」ボタンをクリックすると、以下の処理を行う。
1.Grid「D12」をクリアにする。
処理終了。

 

説明:

セルを指定するとグリッド全体に処理がかかります。

①Grid「セル番号」
⇒指定するセル番号は下図の場合「B6」です。(指定するセル番号を間違えるとインポートできません)


②Grid「項目名」(指定できない)